ドキドキの銀座の出張マッサージ体験

銀座に住んでいた頃、出張マッサージを体験しました。長年お世話になっているセラピストさんにいつも「身体がこってるね~」と心配されていました。そのセラピストさんの友達であるマッサージ師さんが独立して出張マッサージを始めたということで、ぜひお客さんになってほしいとセラピストさんからお願いされ、試してみることにしました。自宅へも来てくれるということで、自宅でお願いしました。長年信頼しているセラピストさんのおすすめするマッサージ師さんなのでもちろん信用していましたが、なんだか恥ずかしいのと不安な気持ちから、私の友達にも一緒に自宅にいてもらうことにしました。部屋をきれいに掃除して、友達とドキドキしながらマッサージ師さんの到着を待ちました。マッサージ師さんも少し緊張しているようでしたが、お話も上手ですぐに打ち解けるころができました。施術は整体のような感じで、痛いながらも自宅のためかリラックスして受けることができました。自宅なので施術後もそのままダラダラすることができ、大満足でした。とはいえやはり友達が一緒じゃないと安心できないという気持ちもあったため、結局その後お願いすることはありませんでした。仲良しのマッサージ師さんがいたら銀座出張マッサージに来てもらうのはすごくいいなぁと思いました。
女性スタッフが施術いたします。

銀座の昔と今

10年以上前の学生時代には学校帰りに銀座によく立ち寄っていました。当時は大人の街の銀座という色合いが強いので、ちょっと背伸びしたい気分の女子大生にとってはとても魅力ある街だったのです。大学を卒業してからはあまり足を運ぶことがなくなりましたが、つい最近久しぶりに銀座を訪れてみました。

まず目に付いたのはたくさんの観光バスが連なって停車しており、なにやら異様な雰囲気でした。それは外国人のツアー観光客を乗せたバスだったのですが、その数台のバスからアリの大群のように数百人の観光客が降りてきて、思い思いにユニクロやアバクロ、そして大型電化店などに吸い込まれるようにして入って行きました。

今や銀座はインターナショナルな観光名所となり、外国からの観光客で埋め尽くされるような街になったことに移り変っていく銀座の今後に想いを馳せました。銀座は東京の中心であり、高級ブティックも軒を連ねたりおしゃれなカフェやフレンチレストラン、そして老舗の料亭などがひしめいていて今でもとてもエキサイティングな街であることには変わりありません。

しかし現在の銀座はどことなくかつてのきらびやかな雰囲気が欠けているように感じられました。それは銀座以外にも新しい名所がどんどん誕生しているからかもしれません。少し寂しい気持ちもありますが同時にこれ以上銀座には変わって欲しくないという気持ちもありちょっと複雑な思いを胸に銀座の街を去りました。